人妻達は自分の意思と責任を持って人妻出会い系サイトを利用しています

近頃では、インターネットの人妻出会い系サイトに多くの人妻が登録をしていますが、人妻と言っても、旦那の妻である前に、ひとりの女であることは明白なことです。

独身女性と人妻との違いは何かというと、生活環境や社会的地位に過ぎません。人妻というのは家庭に入り、旦那をサポートし、子供を産んで育てるという役目を負わされているわけです。

ただ、そのようなことが日本の法律で明確に定められているかというと、そうではないのです。それは慣習というもの、また社会通念上押し付けられているものなのです。

ですから、女性が結婚して人妻になったことで、旦那が起きる前に起床し、旦那のために朝食を用意し、ネクタイを締めてあげて、さらには革靴まで磨いてから会社へ送り出す必要性も、法的な義務などもまったくないのです。

人妻自らの意思でそうしてあげるのであればいいですが、人妻にそうさせる強制力はどこにもありません。

人妻がインターネットの人妻出会い系サイトを閲覧したり、またその人妻出会い系サイトに登録して出会いを求めようと、それは人妻の自由な権利ですから、それが法に抵触するなどというのは、まったく馬鹿げた話なのです。

人妻がそこで実際のアクションを起こし、それがきっかけとして家庭に問題が起こるようなときに初めて問題として認識されるのであって、人妻出会い系サイトで男性とメール交換しているだけでは、何の問題でもないわけです。

人妻は旦那の所有物ではなく一個の人間ですから、人妻が自分の意思と責任で何を行ったとしても、それを他人がああだこうだと非難するのは筋違いな話なのです。